WordPressをローカル環境で開発するなら、 Local by flywheel がおすすめ!

7月 28, 2019

HTML / CSS / JavaScriptを学んだデザイナーにとって、次のステップによくあがるのがWordPress。HTML / CSS / JavaScriptはローカル環境でそのままブラウザでの確認ができるのに対して、WordPressはPHPを使用して作られたCMSであるため、サーバー環境が必要になってきます。

ローカルマシンにサーバー環境を構築する方法はいくつかあるのですが、ノンエンジニアにとっては少しハードルが高いですよね。

そんなときオススメなのが、Local by flywheel。インストールもとても簡単で、数回クリックするだけで複数のWordPress環境を自分のマシンに構築できてしまいます。

ローカル開発環境を作成する3つの方法

1. XAMPP / MAMPでローカルサーバーを立ち上げ、WordPressをインストールする

これは今までならデザイナーにとって一番ポピュラーな方法だったかと思います。XAMP / MAMPはローカルでPHP開発環境を簡単に用意でき、ウェブデザイナーにとっても簡単で使いやすいツールです。

メリット

・ノンデザイナーでもインストールするだけで簡単にPHP開発環境が構築できる

デメリット

・XAMPP / MAMPをインストールしただけだとまだPHP開発環境を立ち上げただけなので、ここからWordPressのインストール、DBの設定などまだ手間がけっこうかかる

・複数のWordPressサイトを運用する際に管理が難しい

2. Dockerで開発環境を作る

こちらはどちらかと言うとエンジニアさんにおすすめ。

Dockerは、インフラ関係やDevOps界隈で注目されている技術の一つで、Docker社が開発している、コンテナ型の仮想環境を作成、配布、実行するためのプラットフォームです。

https://knowledge.sakura.ad.jp/13265/

Dockerは仮想環境開発ツールとしてとても人気で、コマンドラインを触ることに苦が無い方であればおすすめの方法です。WordPressとMySQLの「イメージ」をインストールするだけで使うことができます。また、共同開発の場合、複数人で同じ開発環境を揃えるのにも役立ちます。

会社員時代にエンジニアさんが構築してくれたDocker環境を使用していた際、違うマシンで同じ環境を構築しようとしたところDockerが動かなくなってしまったことがありました。発生しているエラー内容をググってイメージのバージョンを更新したり、再起動再インストールしたりしたけれどハマってしまい、エンジニアさんにお願いして設定していただきました。。。

なので、やり方を調べてコマンドラインを扱えることはもちろん、何かあったときにエラーに対応できるスキルが合ったほうがいいかと思います。(私はかなり不安があるレベルです。)

結論! Local by flywheelが最高

そんなこんなでローカル開発環境構築って大変だなあと落ちこんでいたとき出会ったのが、Local by flywheelです。

デザイナーにおすすめな理由はこちら

UIデザインが好き!

UIがシンプルで洗練されていて、使いやすいです。デザインが好きというだけで、デザイナーはテンションが上がると思います。

PHPやMySQLのバージョンが指定できる

サーバーにアップする際、PHPやMySQLのバージョンが本番環境とかけ離れていると思わぬバグが出て大変な思いをするかもしれません。予め本番環境のPHP、MySQLのバージョンを調べておいて、それになるべく合わせておきましょう。

※大きなクライアントの場合はエンジニアさんにお願いして、AWSの構築と一緒に開発環境もDockerで用意してもらって同じ環境を使うなどするのが良いかと思います。

マルチサイトもローカルで構築できる

マルチサイトってどうやって作るの?と思っていたのですが、Local by flywheelで試したところ、とても簡単に作ることができました!

試してみたいこともいろいろローカルで試せるのが、いいところだと思います。

Sequel Proと連携できる

DB管理はSquel Proというソフトを使用しているのですが、Local by flywheelはデフォルトでこちらと連携しています。

Squel ProもUIがわかりやすく、デザイナーにおすすめしたいDB管理ソフトです。

Local by flywheel での環境構築方法は?

くまWEBさんがものすごくわかりやすくまとめていらっしゃったので、そちらを参考にしてください! ダウンロード方法からlocal by flywheelでのサイト作成方法、ローカルから本番環境への移行方法まで丁寧に紹介してくれています。

https://kumaweb-d.com/web/local-by-flywheel-howto/